知りたかった ニキビ予防の効果的スキンケア

ニキビ痕の種類とニキビ跡を消すためのスキンケア

思春期ニキビは大人になると自然とできなくなりますが、対処法が良くなくて後々まで痕となって残ってしまうこともあります。
ニキビ跡にはシミや赤みとして痕が残るタイプといわゆるクレーターと呼ばれ陥没してしまうタイプにわかれます。
クレーターになってしまうとスキンケアで目立たなくすることはできても完全に治すことはできません。また、お風呂上りのマッサージやパックで肌の凹凸を薄くすることは可能です。
毛穴の汚れや古い角質が剥がれ落ちて少しずつですが肌の表面が整ってくるはずです。

ニキビが治った後にシミや赤みが残る場合はこれを消すことも可能です。
赤みだけが残ってしまった場合は時間をかけて自然に消えていく場合もありますが、この赤みの部分が色素沈着をおこすと茶色くシミとなってしまう場合もあります。
これは炎症によってメラニン色素が集まって肌の一部分が黒くなってしまう現象です。
二年から三年くらいの長い時間をかければ消える可能性のあるシミも日焼けをすると消えにくくなってしまうので、そうなる前に紫外線対策用のスキンケアが大切です。
また、メラニン色素を撃退して透明感のある白い肌をつくる美白スキンケアも効果的です。
シミの撃退には欠かすことのできないビタミンC誘導体を配合したスキンケアローションなどを取り入れるのもいいでしょう。
ビタミンC誘導体は抗酸化作用をもつので、アンチエイジングやニキビそのものの炎症を抑えるのにもとても役に立ちます。

オススメワード

Copyright (C)2017知りたかった ニキビ予防の効果的スキンケア.All rights reserved.